最近ハマっているカラコン


最近、カラコンをつけて出かけることが多いのですが、カラコンを使ったことはありますか?
今は、モデルや芸能人のかたがつけているのをよく見ますよね。
私はコンタクトレンズは前々からつけていたんですが、カラコンを使ったことはありませんでした。

しかし、一回試しにカラコンをつけてみたら、見事にハマってしまいました。
いろいろな目の色が楽しめるのもいいですが、なんといってもデカ目になるのが魅力ですよね!
今は度ありもあるので、目が悪くてもつけられるのがとても助かります。

でもカラコンって眼科で購入すると結構な金額になりませんか?
私も最初は眼科で購入したのですが、なかなかの金額だったので、購入するのを少しためらってしまいました。
しかし今はネットで安く購入しているので、気兼ねなく毎日カラコンを使用することができています。

せっかくなので購入しているお店を貼っておきますね→マイウェイ(デカ目のカラコンの管理人おすすめHP)
ここはカラコンの種類も豊富で、度ありも多数あるのでおすすめです。
また、デカ目効果があるカラコンが他のお店より多く、着色直径からカラコンを選べたりします。
着色直径から選べるお店なんてなかなかないですよね。

安くカラコンが欲しいかたは、よかったら見てみてくださいね。

カラコンを使い始めるまでの手順とは

カラコンを使いたいなあとお考えの方に、カラコンを使うまでの流れについてご紹介しましょう。

カラコンは、最近では雑貨屋などでも入手可能になっていますが、目に入れるものですのであまりおすすめできません。カラコンも、視力矯正のために使うコンタクトレンズと同様に、眼科で処方してもらうと良いでしょう。

といいますのも、カラコンを購入するためには、目のデータが必要なのです。あなたに適した目のカーブ(BC)、度数が必要な人は度数(PW)、それから、色のついた部分の大きさを表す着色直径(mm)を眼科で調べてもらいましょう。例えば目のカーブが合っていないと、目にフィットしにくく違和感があったり見えにくかったりします。また、度数はもちろん、自分では調べられませんね。着色直径についても、大きければ良いというわけではありません。大きすぎず、あなたの黒目よりは小さくなく、あなたの目力をほどよく強めてくれる着色直径を考えましょう。

眼科で処方してもらえるカラコンは比較的目に優しいものですので、安心して使うことができます。ですが、最初に処方してもらうときだけでなく、その後も定期的に眼科で検診を受けながらカラコンを使ってくださいね。